2011年01月31日

上死点ペダリング

土曜日のロングライドは調子が悪くまったく進まない。
疲れではなくなんだか身体がバラバラ。

トルクが4〜5時ごろにかかっている感じがしたでの
いろいろペダリングのやり方を試してみながら淡々と。

大観山の上りでじっくりペダリングを意識するために
ケイデンスを40前後に落としてSFRもどきをやっていたら
ある瞬間からパワーとスピードが向上。

トルクのピークをもっと早めに持ってくる意識。
これがはまった。

人間の反応は遅いので早めすぎてちょうどいい。
(この辺は前田ギンさんの記事にあったはず)
ということで上死点でブイッとトルクを掛ける。
決して踏み降ろしてはいない。上死点で足を前に擦るイメージ。
いろいろは考えられないので意識はこの上死点のみに集中。

最近サドルを20mmほど上げたのもこのペダリングに
いい感じにリンク(サドル上げて上死点に余裕ができる)している。
20mmはすごい変化量だけどパワークランクにしてから
サドル高さがどんどん下がっていったのが適正に戻っただけ。

上死点にさらに余裕をもたせるためにクランクを短くはしない。
短くすると確かに余裕はできるけどなんだか力が入らない。
短いのも試したけど今は170mmで落ち着いている。
もっているクランクが170mmってのもあるけど
さらに長い172.5mmも実験中。

この上死点ペダリング(勝手に命名)では
股関節周りの筋肉だけが動員されている感覚。
特に大殿筋と股関節周り(腸腰筋?)に刺激が入る。

ケイデンスを上げるとタイミングがずれるので
まだ低ケイデンスしかできない。

レース前なのでパワークランクは通勤のみしか使っていないけど
その通勤チャリでもこの意識でやるとスピードがでる。
(通勤チャリにはメータないので感覚だけど)
いままでの通勤はただ移動のために乗っていただけだけど
これでテーマが出来たし楽しくなってきた。

1月28日
バイク 通勤11km×2
ラン 58分 10.6km まだ脹脛違和感あるのでイージ

1月29日
バイクのみ 316分 138.4km イージ 大観山の椿台折り返し 
写真は折り返しの椿台
image-20110131100011.png

1月30日
スイム 70分 2500m ドリルメニュー
 メインは身体が大きくキックの少ないT村さんの後ろで流れがよくて100mを1分20前後
バイク 30分 12km 通勤チャリでスイム往復だけだけど上死点ペダリングの刷り込み
ラン 98分 18.5km イージ 脹脛だいぶんいいので途中10kmをキロ5くらい

さぁイージ週も終了で充電完了。
ハード2ブロック開始!
posted by SAY at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183300107

この記事へのトラックバック
2008シーズン B: A:IMJ(6/22)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。